最新情報・レポート

低床車と高床車

低床車というのは荷台が低く設定されているトラックのことですが、
高床車というのは荷台が高く設定されているトラックのことです。
タイヤが大きいので振動を小さく抑えることができるだけでなく、
タイヤの回転数が少ないのでトラックの負荷が掛かりにくいというメリットがあります。
ですので、タイヤが小さい低床車よりもランニングコストを低めに抑えられることができるのです。
ただ、荷台が高いので、荷物を積み込むのが大変というデメリットがあるので、
この点は低床車の方がメリットがあるということになります。
高床車と低床車でそれぞれメリットとデメリットがあるので、買取価格に差が出てくるのです。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ