トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

軽トラを高く売るための注目ポイントと方法

最新情報・レポート

軽トラを高く売るための注目ポイントと方法

軽トラを高く売るための注目ポイントと方法

農作業や灯油運びなど、さまざまな仕事や引越しなどで愛用されている軽トラ。車種は軽自動車のため税金や維持費が安く済み、たくさんの荷物が乗ることが魅力でたくさんの方が使われています。

そんな軽トラですが、子供の車を納車したいが場所がない、仕事が変わったことにより使用しなくなった、または亡くなった家族から受け取ったものの、使い道がなく困っている方が多いと思います。駐車場の場所をとるうえに安いと言えども毎年税金がかかり、車検に出すのももったいないです。

処分するのであれば、軽トラを売って現金に変えたいですよね。今回はそんな軽トラを高額で買取ってもらう方法と査定から完了までの流れをご紹介いたします。

 

 

軽トラはいつ売るべき?

昔はよく使っていたが、最近は家族が増えて軽トラよりも普通乗用車がメインになってきたということがありませんか?

軽トラは軽自動車のため、税金などの維持費が安く済みますが、毎年税金はかかるうえに車検にも出さないといけません。乗用しないのにお金がかかって、大変もったいないです。でも、廃車にするほどではないなど、さまざまな理由の結果、軽トラをそのままにしている方もいると思います。

そんな軽トラをどうにかしたい方は、売りに出すことがおすすめです。

軽トラは普通乗用車に比べ、中古車として売りに出されていることが少ないため、業者に高い金額で買取ってもらえる場合があります。売りに出すことにより現金が手に入るだけでなく、軽トラでとっていた駐車場スペースが空き一石二鳥です。

軽トラはいつ売りに出したらお得でしょうか?それは春先である1~3月です。一番売れる時期を狙うのがおすすめです。

買取額を左右する3つの注目ポイント

買取額を左右する3つの注目ポイント

軽トラを売りに出すにあたり、買取を依頼する必要があります。中古車の買取額は年式・走行距離・型式によって左右されます。この3つについて、詳しく説明させていただきます。

 

年式について

普通乗用車や軽自動車の場合、年式が古くなればなるほど価値が下がってしまいます。

しかし、軽トラの場合は違います。まず、普通乗用車とは違い、年式の古さによって買取金額が下回ったり、ヴィジュアルのチェンジなどの影響を受けないです。そのため、3年型落ちや5年型落ちのタイミング等で新しく買い替える方はあまりいないので、中古車売り場には軽トラが出回ることは非常に少ないです。

走行距離

普通乗用車は、走行距離が3万㎞以上であればそれ相応の中古車ということになります。しかし、軽トラックの場合は走行距離が3万㎞以上の中古車を見かけることはありません。

軽トラックは農作業や近場での引越しなどの運搬作業に使われることが多いです。そのため、長距離の用途で使用されることは少ないのです。例えば、10年以上乗った軽トラでも、走行距離は5万㎞未満というものがとても多いです。

型式

型式の場合、日本の軽トラには8つ車種があります。大半は大手の自動車メーカーが占めており、買取市場の件数も大手の自動車メーカーが大半を占めています。軽トラは買取額が安定している車種と言われています。

また、型式やメーカーによって軽トラに搭載されている装備がことなることにより、装備やオプションが充実していると当然、型式も高く売れます。

 

以上の3点により、軽トラの相場が左右されています。

また、軽トラは日本よりも海外の方から人気が高く、高い額で買取されやすいという特徴もあります。

軽トラのメリットとして、長年走った古い軽トラでも海外に輸出できることです。海外では、軽トラの国内中古市場において良好な状態のものが少ないそうです。そのため、へこみやキズがあってなどがあり、見た目がボロボロであっても走ることが可能なら問題がないと言われます。そのため、軽トラの買取は日本よりも海外輸出向けが多くなります。

高く売りたいなら、まずは相場を知ることが大切

軽トラックは普通乗用車に比べて高く売れる傾向にあることが分かりました。さらに高く売るにはまず、相場を知ることが重要です。

相場を知るには1つの業者だけに依頼するだけでなく、たくさんの業者に依頼して軽トラの金額を提示してもらうことです。自分が使用している軽トラの相場が分かります。

買取価格を重視するのであれば、その中でもとくに買取金額が高かった業者に買取ってもらうと良いでしょう。金額だけで決めてしまうことに不安を感じる方は、査定している際の様子で決めるのも1つの手です。

出張査定以外に、一括査定というのもあります。 一括査定では、一回の申し込みで10社ほどの専門業者からの見積もりを取り寄せることが可能なので、時間がない方や忙しい方にはおすすめの査定方法です。

査定から買取完了までの流れ

査定から買取完了までの流れ

軽トラを買取してもらおうと考えている方が気になるのは、費用だけではないはずです。依頼をしたらどのような流れで進んでいくのかについても気になるところ。業者によって変わってくるので、査定から買取完了までのだいたいの流れをご紹介いたします。

1.申し込みをします

ネットで軽トラの情報を入力すれば簡単に買取の申し込みができる場合があります。入力する内容はメーカー名・車種名・年式・走行距離と皆さんの個人情報を入力します。こちらを入力することで業者の方から自分の使っている軽トラの買取額の相場をメールまたは電話で報告してもらえます。

2.業者からのメールを確認

申し込み完了後は業者から軽トラの買取額と依頼が完了したことを知らせるメールや電話などがあります。一括査定をするものであれば、たくさんの業者から電話が来ることもあります。

このとき気を付ける点が1点あります。

それは申し込みの時間帯です。通常だとお昼頃に申し込む方が多いと思います。お昼頃に申し込みをすると、たくさんの買取業者から電話が来て困ってしまうこともあるため、申し込みをする場合は「深夜帯」が良いです。

深夜帯に申し込みすることで電話のラッシュにならずに済むのと、良い業者かどうか見分けることができます。もし、深夜帯にも関わらず電話がかかってきた業者がいた場合は、その業者以外で買取を検討することがおすすめです。

3.業者に査定してもらう

業者とアポが取れたら、軽トラを持っていくか出張してもらうか決めます。ここでは査定の日程だけ相談をします。金額は実際に査定してもらった後がベストでしょう。

軽トラを持ち込んでの査定をする場合は、それぞれの地域にある買取業者1社に査定してもらい買取っていただきます。

出張での買取の場合はいろんな買取業者に一気に頼むことが可能です。何社か買取の査定をしたうえで一番高く買取してくれる業者を見つけることができるので、出張査定がおすすめです。

査定の内容は軽トラの外装や内装、エンジンルームなどを確認していきます。それぞれの業者によって査定金額がことなるので相場を上回るか下回るかは業者次第です。

4.買取

買取ってもらう業者が決まったら後は業者に軽トラを買い取ってもらうだけです。

まとめ

軽トラは、普通乗用車や軽自動車よりも高額で買取される傾向にあります。その理由は、年式が経っても軽トラの価値は下がらず、走行距離もほかの自動車に比べて10年乗っても5万㎞内で収まっている、また型式も1年や2年で大きく変化せず、買い替える方が少ないからです。そのため、中古車として出回ることが少ないため高額で買取されています。

業者によっては高金額で買取ってもらえることが可能です。ご自宅に使わない軽トラがあれば、一度検討してみてはいかがでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7646

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

トラック買取査定君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。