トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

水没したトラックはどうしたらいい?一番お得な対処方法を見つけよう

最新情報・レポート

水没したトラックはどうしたらいい?一番お得な対処方法を見つけよう

水没したトラックはどうしたらいい?一番お得な対処方法を見つけよう

 

台風やゲリラ豪雨などで大雨に晒されることが多い日本では、トラックが水没してしまうことが度々起こります。近くの川が氾濫して水が道路に侵入してくると、走っている最中にはどうすることもできず、トラックは水没するほかありません。

 

トラックが水没すると、故障も起こらず元のように使えることもあれば、修理が必要になったり、完全に使えなくなってしまったりといろいろなケースがあります。どのような状況で、どう対処すればお得に済むのでしょうか?トラックが水没してしまったときの対処方法と、買取について解説していきます。

 

 

トラックは水没するとどうなる?

雨が勢いを増す梅雨の時期には、報道局のニュースなどでトラックや自動車が冠水道路に水没している映像を目にすることが多くなります。水没はとくに、川に近い場所や道路が掘り下げられて、ほかの道路よりも低い位置にあるアンダーパスなどで起こりやすく、実際に経験した方もいらっしゃるかもしれません。

 

浸水した後のトラックは、大きく3つの状態に分けられます。今まで通り乗ることができる場合、損傷が早まる場合、全く動かなくなってしまう場合の3つの状況を確認しましょう。

 

運が良ければ問題なく使えるケース

エンジンなどの車体のパーツが、水による影響を受けないケースもあります。トラックはある程度の浸水では故障しないようにできていて、水深が低い状態なら無事に済むことがあるのです。水深がタイヤの3分の1ほどの高さ以下なら、故障は起こりにくいようです。

 

使えても、損傷が早まるケース

電気系の部品に水が浸入すると、まず考えられるのが錆「サビ」の影響です。水没直後は問題なくトラックが動いていても、次第にサビができて、後になって故障などのトラブル・被害に見舞われることがあります。

 

サビのほかにも、雑菌が車体中に蔓延する危険性もあります。浸水した状態のまま放置すると、1週間もすれば雑菌がどんどんと増えていき、悪臭が漂うトラックになってしまいます。

 

津波などで海水に浸水してしまった場合は、部品の劣化速度は一段と速まります。海水に含まれる塩が浸水後もトラックの部品にへばりつき、空気の中に含まれる水分を寄せ付けて吸収するようになるので、部品が金属でできている場合はサビなどで劣化しやすくなるのです。

 

故障して使えなくなるケース

水による損傷が激しいと、完全に動かなくなってしまいます。とくに影響が大きいのは「電気系の部品」と「排気にかかわる部分」です。

 

電気は水に弱いので、ちょっとの水の浸水で大きく破損し、動かなくなることがよくあります。水が触れた時点でショートして感電・火災といったトラブルに発展する可能性もあるので、もし浸水してしまった場合にはすぐにドアの窓から出て避難しましょう。ハイブリッド車は電気が占める割合が大きいので、なおさら要注意です。

 

また、排気系の部品に水が入ることでのエンジンの故障も頻繁に起こりがちです。浸水すると、水がマフラーに入り込みます。通常は排気ガスを出す場所であるマフラーから水が逆に入ってくる状態になるので、エンジンが正常に動かず、機能停止につながるのです。

 

マフラーは地面から30センチメートルほどの場所にあるので、その高さまで水が来ていると、故障する確率が高まります。

 

水没したトラックへの対処方法!一番「お得」なのはどれ?

水没したトラックへの対処方法!一番「お得」なのはどれ?

 

一度水没してしまったトラックは、なんらかの損害を受けることがほとんどです。故障してしまう、完全に運転できない状態にまでなってしまうなど、症状の程度は人によってそれぞれでしょう。損傷の程度によって適切な判断をすることが、できるだけ損をしないコツになります。3つの対処方法を順に見ながら、破損の程度に合った対処の仕方を確認しましょう。

 

保険を使って修理する

故障してしまった場合、一番に思いつくのが修理だと思います。部分的な故障ならば、1つ2つの部品を交換するだけで済むので、比較的安くトラックを元に戻すことができるかもしれません。

 

しかし、損傷した箇所によっては修理費用がかなり高額になることもあります。エンジンやトランスミッションといった部品の交換となると、何十万、何百万という修理費用が必要になるので、中古のトラックを購入する方が安く済むことも考えられます。

 

修理する際には、必ず保険が適用されるどうかを確認しましょう。ご自分が加入している自動車保険が、浸水による修理費用をカバーしてくれるかもしれません。保険の詳しい詳細については、契約している保険会社やプランによって異なります。保険会社に電話をする、契約書を確認するなどしてチェックしましょう。

 

廃車にする

全く動かなくてどうしようもない状態では、廃車にしてしまうという方法もあります。今後トラックを使う機会が減りそうだから、この機会に廃棄してしまおうと思っている方にはちょうどいいかもしれません。

 

しかし、廃車をするとなると、面倒な手続きをしなければいけません。業者に委託すれば手続きを代わりにやってもらえますが、余分な費用がかかってしまいます。廃車すること自体にも費用を支払わなければならないので、お得とは言えないことが多いです。ただし、無料で引き取ってくれる業者もいるので、そういった業者を探してみるのも一つの手です。

 

買取業者に売る

買取業者に売る方法もあります。買取なら、トラックを手放す代わりにお金を手に入れることができます。損することが多い廃車にするよりもはるかにお得です。買取で手に入れた金額を足しにして、新しくトラックを買うのもよいでしょう。

 

近くの中古車買取店に問い合わせたり、インターネット上で検索したりすると、動かなくなったトラックでも買取をしている業者を見つけることができます。

 

水没したトラックは買ってもらえるの?

「水没したトラックなんて買取ってもらえるの?」と思う方も多いかもしれませんが、業者によっては積極的に買取している場合もあるので、ぜひ業者を探してみるとよいでしょう。

 

動かなくなったトラックや損傷が激しいトラックでも、海外に輸出すれば利益になることがあります。また、動かなくなった車でも、金属材料として再利用されたり、まだ使える部品を取り出して販売したりといった方法で利益を得ている買取業者もいるので、浸水しても買取してくれるのです。

 

水没後でも高く売る方法2つ!

水没後でも高く売る方法2つ!

 

水没してしまったトラックを買取する際には、なるべく高く売りたいものです。とはいっても、たくさんある業者の中から高く買取ってくれる業者を見つけるのは手間も時間もかかる作業…と思っていませんか?

 

一番高く売れる業者を探したい!という方に注目していただきたいポイントは2つです。業者探しの際は、「技術」と「一括査定」というキーワードを思い出してみてください。

 

技術が高い業者を探す

業者に修理できる人がいると、買取った車を業者側で修理して販売することができます。日本のメーカーのトラックに搭載されているエンジンは、浸水して壊れてしまっても、修理・交換することで元通りに使えるようになることが多いです。とはいえエンジンの修理には高い技術力を持っている人にしかできない難しい作業です。

 

つまり、業者の整備士の腕がよいほど、故障箇所をなおして売ることができるので、買取価格も高くなるというわけです。

 

一括査定してみる

一括査定はとても簡単で便利なサービスです。自分のトラックの情報を伝えるだけで、複数の業者からの買取の見積書を受け取ることができます。見積書を見れば買取価格が一目で見てわかるので、業者同士で比較するのが驚くほど簡単です。一番高く買取ってくれる業者に決めたいという方は、ぜひ利用してみるとよいでしょう。

 

まとめ

トラックは軽度の水没ならば故障しないこともありますが、エンジン、電気系の部品を中心に故障して、動かなくなるケースも多くあります。故障してしまったトラックの対処方法としては、修理する、廃車にする、買取ってもらうという3つの方法があります。

 

保険が適用されるようであれば修理でも安く済みますが、保険がなく修理費用が高額な場合には、トラックと引き換えにお金が返ってくる買取を利用してみるとお得に済ませることができる可能性が高いです。少しでも高く売りたい場合には、技術力の高い御者を選び、一括査定もしてみるとおすすめです。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7646

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

トラック買取査定君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。