トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

バスの買取で高額査定を出すにはコツがある!相場と業者選びまとめ

最新情報・レポート

バスの買取で高額査定を出すにはコツがある!相場と業者選びまとめ

バスの買取で高額査定を出すにはコツがある!相場と業者選びまとめ

 

故障してしまい動かなくなったバス、事故に遭ってしまったバス、このようなバスは、もう廃車にするしかないのでしょうか?実は、故障車や事故車でも、買取ってもらえる可能性があるのです。廃車しかないとあきらめるのは、まだ早いといえます。もう使えないと思うようなバスでも、高価で買取ってもらえることがあるのです。

 

バスのような商用車は普通車と違い、あまり買取市場に出回って来ないもの。そのため情報も少なく、もう使用できないバスを抱えてお困りの方も多くいらっしゃることでしょう。

 

そんなお悩みを解決するために、今回はバスの買取について詳しくご紹介していきたいと思います。故障車や事故車となったバスがなぜ高価で買取してもらえるのか、その秘密についてもお伝えしていきます。バスの買取をご希望される方は、ぜひご覧になってください。

 

 

バスの買取査定…できるだけ高く売りたい!

バスを高く買取ってもらうには、まずは業者選びから始めます。バスを高価で買取ってくれそうな買取業者を、ホームページで探してみましょう。今までにバスを買取った実績のある業者を選ぶと安心です。

 

買取相場を知る

バスを専門に買取ってくれるような業者というのは、あまり多くはありません。そのため、買取価格の相場はなかなか分かりにくいものとなっています。

買取の相場を知る最も早い方法が、バスの買取業者のホームページから複数の業者から相見積りを取って、比較することです。買取価格だけではく、その会社が信頼できるかどうかも大切なポイントです。

 

掃除をしておく

バスは買取業者が買取ってから、専門業者に修理を頼んだり、自社で再度掃除したりした後売りに出します。そのため査定前にバスの掃除をすることが、直接買取価格に響くということはありません。

しかし明らかに汚いバスでは、やはり買取担当者に与える印象も良くはないでしょう。例え乗車期間が短くても、人が乗るにあたって抵抗を感じるような汚さでは、業者の方も買取に抵抗を感じてしまいます。

もう使わないバスだからといって、ぞんざいに扱うのは良くありません。あくまで商品として買取ってもらうのですから、最低限の掃除はしてから査定に出すようにしましょう。

 

相見積りを取る

バスをできるだけ高く買取ってもらうために1番大事なことは、必ず複数の業者から相見積りを取って比較することです。インターネットでトラックやバスを買取ってくれる業者を複数ピックアップして、相見積りを取ってもらいましょう。その中から1番高値で買取ってくれる業者を選ぶことで、できるだけ高価で売ることができます。

どうしても買取価格だけに目が行ってしまいがちですが、業者自体が信用できるかどうかも、チェックポイントに入れておきましょう。

ホームページの情報だけでは、どのような雰囲気の会社かどうかは分かりません。担当者と1度話してみると、どのような会社か雰囲気をつかめるので参考になります。

 

バスの需要はある?高額に買取できるワケがある 

バスの需要はある?高額に買取できるワケがある 

 

日本で使えなくなった日本車でも、海外に持っていけば買取ってもらえるので、海外とのルートを持つ業者によって高額で取引されることも多いのです。なぜ海外に輸出されるのか、その理由をご紹介していきましょう。

 

日本製は品質が良い

日本のバスはエンジンの性能が良く、高品質で壊れにくいため、発展途上国で人気があるのです。発展途上国では、交通機関が整っていないことが多く、交通手段としてバスを海外から輸入することが多いのです。そのような理由があるため、古かったり故障していたりするバスでも高額で買取ってもらうことができるのです。

古くて故障している車だと、普通車なら値段がつかない場合も多くあります。しかし、商用車であるバスなら発展途上国において交通手段としてのニーズが高く、高価買取してもらえる可能性が高くなるのです。

 

部品だけでも十分な価値

故障して動かないようなバスでも、内部の部品自体に価値があるので、解体されて発展途上国でのバスの修理に使われます。このようにリサイクルが有効に行われるため、もう使えないと思われるバスでも、高価買取をしてもらえるのです。

修理するには高額な費用がかかりますが、修理をする前に買取に出してしまえば、故障していても買取ってもらえるので安心です。車検が切れてしまったバスや旧年式のバスはもちろん、事故車や修復歴のあるバスなど、もう廃車にするしかないというような場合でも買取ってもらえることもあります。

交通事情が良くない海外のバイヤーからすれば、性能の良い日本のバスというだけで宝の山に見えることでしょう。ゴミにしてしまうには、もったいないと思いませんか?あきらめる前に、1度見積りを取ってもらうことをおすすめします。

 

バスを買取してもらおう!トラブルにならないポイント2つ

バスを買取ってもらうときに、覚えておきたいポイントがあります。その中から今回は主な2つのポイントを、ご紹介しましょう。

 

ロゴは消去してもらおう

会社のロゴがバスに入っている場合、通常はバスを買取ってもらった後に消去してもらう契約をします。

しかし業者の中には、それを行わずに最低限のメンテナンスをしただけで、海外に売り出してしまうこともあるようです。海外に売り出してしまうので、日本語のロゴが見つかることはないと、安易な気持ちで売る業者もいるといいます。

ロゴがついたまま、安全に走行しているうちはよいでしょう。しかし会社のロゴのついたバスがもし大きな事故を起こしてしまったら、会社の名前が不名誉な形で世間に知れ渡ることになってしまいます。

そのような事態を未然に防ぐためにも、ロゴの消去は必須です。メールでロゴを消去した証拠写真を送ってもらうなど、必ずロゴを消去してもらえるような対策をしましょう。

 

査定時にきちんと確認とチェックをする

その後に見つかった不具合を理由に、買取価格の変更を求める業者も中にはいるようです。そのような事態を避けるためにも、査定をしてもらったら価格の変更がないことを確認しましょう。査定直後に支払いをしてくれる業者を選ぶことも、肝心です。

 

信頼できる買取業者とは?業者の選び方

信頼できる買取業者とは?業者の選び方

 

バスの買取業者の選び方としては、買取実績がある業者であることや、きちんとした信用のある業者を選ぶことが大切となります。バスの買取を専門としている業者では、バス独自の流通ルートを持っているところもあります。

買取価格の高さだけでなく、担当者の対応の仕方を見ながら、信用が置ける業者かどうかをしっかり見ていきましょう。

業者を選ぶ際は、必ず複数の買取業者から見積りを取ってもらい、大体の相場を把握して買取価格を比較検討しましょう。

 

まとめ

バスのような商用車の買取を行う会社はあまり多くないため、どの買取業者でも買取を行っているわけではありません。しかし日本のバスのように高性能な車は、海外での需要があります。買取をしてくれる業者は、きっと見つかるはずです。

故障していたり事故車であったり、日本ではなかなか使い道がないようなバスも、発展途上国では貴重な交通手段となります。もう廃車にするしかないとあきらめるくらいなら、1度バスの買取業者に査定をしてもらってはいかがでしょうか。どうかこれからバスを買取ってもらおうと思っている方の参考になれば幸いです。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7646

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

トラック買取査定君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。