トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

トラックのエンジンがかからない原因は?対処法や修理の費用について

最新情報・レポート

トラックのエンジンがかからない原因は?対処法や修理の費用について

トラックのエンジンがかからない原因は?対処法や修理の費用について

 

何年もトラックを運転していると、エンジンの不調が気になることも出てくるものです。この記事をご覧になっていただいている方の中には、今現在「エンジン動かなくて困っている!」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

トラックのエンジンの調子が悪くなってしまう理由を知って、いくつか紹介する対処方法をためしてみましょう。すぐにでも、ピンチを脱出できるよう分かりやすくお伝えしていきます。

 

 

トラックのエンジンがかからない!4つの原因と対策法!

エンジンがかからない状況に陥ってしまった原因は何なのでしょうか。実は気付いていないだけで簡単な凡ミスであったり、物理的に動かないマシンエラーなどさまざまな理由が考えられます。

 

ここでは、トラックのエンジンをかける方法について原因別に詳しく紹介します。

 

ガス欠

もしかして燃料をお忘れではないですか?解決方法としては、近くのガソリンスタンドでポリタンクに燃料を入れてから運んでくるか、どうしても遠いようであれば携帯電話でJAFを呼び、代わりに入れてもらいましょう。

 

たとえば、JAFに未加入の場合に燃料切れの補充依頼をしたとします。昼間の場合でも「10,290円+燃料代+交通費」もの費用がかかってしまいます。

 

燃料の入れ忘れというちょっとしたミスでも、これほど費用がかさんでしまいます。ですから、燃料切れには普段から気にかけるよう意識しましょう。

 

バッテリーの不調

燃料メーターを確認してもトラックのエンジンがかからない場合には、まず、バッテリーの残電量不足を疑ってみましょう。

 

バッテリーが足りないままエンジンをかけると、鈍い回転音が「ぎゅるるるる」と鳴るため、変な音が鳴るなと思ったらバッテリーを確認してください。

 

セルモーターの不調

バッテリーの次に疑われるのがセルモーターの不調です。トラックの場合には、セルモーターはキャブチルト(運転席の持ち上げ)をすることで姿を現します。

 

バッテリーの不調であればエンジンの回転音が聞こえますから、エンジンの音が聞こえない場合は、ここを疑ってみるのがよいでしょう。

 

エンジンの故障

どれにも当てはまらない場合には、エンジンそのものが故障している可能性が疑われます。その際には、トラックに搭載されているマニュアルに従い復元作業をしてみましょう。それでも直らなければ、エンジンを修理する他に手はありません。

 

直すといえど、エンジンはとても複雑なつくりになっているため知識がないままエンジンの分解をしてしまうと余計に故障個所を広めるおそれがあります。ですから、故障したなと思った際には、整備工場に依頼して整備士の判断を仰ぐのがよいでしょう。

 

エンジン本体の修理費用と修理期間

エンジン本体の修理費用と修理期間

 

トラックに対応している整備工場はあまり数が多くないため、あらかじめ走行中に困ったらどこに連絡するのか、めぼしをつけておくことも大切です。

 

トラックエンジンの不調がわかった場合には、まず直せるかどうかを考えますよね。部品やエンジンそのものを取り換えるには、いくらかかるのか気になるのではないでしょうか。それでは、ひとつずつ確認していきましょう。

 

エンジンの修理費用

トラックエンジンの部分的な修理であれば、50~100万円ほどの費用がかかるといわれます。一方で、新しくエンジンの乗せ換えをする場合はおおよそ100~200万円といわれています。

 

トラックは種類があるだけでなく、新品のエンジンを載せるか中古を載せるかなど多くの選択肢がありますから、一様にいくらとはいえないのです。しかし、100万円前後の費用がかかってしまうことは覚悟をしておきましょう。

 

エンジン修理期間

エンジンの修理は整備士さんの都合がつき、工場に修理部品の在庫が残っている状態であれば、1週間以内で完了します。

 

しかし、スタッフの都合がつかず在庫もすぐに取り寄せられない状況であれば2週間、場合によっては3週間かかることもまれにあるのです。

 

エンジン修理の費用が高くなったら買取がオススメ!

修理の費用が数百万円に上った場合、エンジンを修理するのと、売却して新しく買い直す場合だとどちらがよいのでしょうか。

 

結論から申し上げますと、買取依頼に出すのがオススメです。その理由を確認していきましょう。

 

燃費が年々悪くなる

仕事で使うトラックは毎日使うものですから、年々燃費が悪くなってしまいます。エンジン効率が悪くなってしまうため、燃料代が高くついてしまうのです。

 

新しく乗るトラックの資金に!

さきほど紹介したように、トラックエンジンの修理や交換には100万円ほどの費用がかかることがあります。仮にエンジンの交換費用が高くついてしまうようでしたら、買取依頼をすることをおすすめします。

 

次に買う新しいトラックへの資金源になるので、ひとつの候補として売却を考えてみましょう。

 

ディーラーより買取業者がオススメ

ディーラーは売ることを専門としているため、査定が安い傾向にあります。また、ディーラー側の裁量で値段が安くなってしまうことがあるともいわれています。

 

一方、買取業者は、販売まで自社で行うため、ディーラーが買取ってくれないような状態のトラックを買取ってくれる場合があります。

 

トラック買取業者の上手な選び方

トラック買取業者の上手な選び方

 

トラック買取業者はたくさんあります。そのため、どのように選んだらよいか迷ってしまいますよね。そこで、買取業者の選び方のポイントを紹介します。

 

評判のよい業者を選ぶ

インターネットを使って評判を検索することができます。直接お店に電話で問い合わせをしてみるのもよいでしょう。

 

他にも、会社や同業者にオススメの業者を聞いてみるのも方法のひとつです。身近なところで賢い取引先を知っている人がいるかもしれません。

 

料金が正確である

不当に安い料金で売らないためには、料金の相場を正確に把握する必要があります。5社以上で査定を行い、他の買取業者と比べるようにしましょう。

 

一括買取査定サービスを利用する

一括査定サービスを利用することで、買取業者を探す手間が省けるだけでなく、複数の企業と比較することができます。一番買取額のよい会社を探し出せるかもしれません。

 

一括査定も複数使うことでたくさんの会社を簡単に比較できるので、いろいろなサイトで検索することも大切です。

 

まとめ

今回はトラックのエンジンがかからなくなってしまった場合の対応を紹介しました。それではもう一度おさらいをしていきましょう。「エンジンがかからない!」と困ったら、以下の3つの点を確認してください。

 

1)燃料メーターが0になっていないか

 

2)エンジンをかけるときに変な音がするかどうか

 

3)何も音が鳴らない場合はセルモーターが動いているかどうか

 

それでもダメな場合にはマニュアルを使い、車の整備工場でトラックの整備士にいくらかかるか見積もりを取ってもらいましょう。エンジンが壊れていて高額な費用がかかる場合は、トラックの買取を検討してみてください。

 

トラック買取業者は、多くの業者の中から一番買取価格の高い業者を選べる、一括査定を利用するとよいでしょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7646

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

トラック買取査定君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。