トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

トラックの耐用年数は?減価償却やトラックの寿命を延ばす方法も解説

最新情報・レポート

トラックの耐用年数は?減価償却やトラックの寿命を延ばす方法も解説

トラックの耐用年数は?減価償却やトラックの寿命を延ばす方法も解説

 

事業用や自家用など、どんなトラックドライバーでもトラックをできるだけ長く使いたいと思うのは当然です。では実際、トラックはどれほど乗り続けることができるのでしょうか。「耐用年数」という言葉を、減価償却などと合わせて聞いたことはあると思います。

 

しかし、減価償却や耐用年数がどういったものか、耐用年数が過ぎたらどうなるのかなど、よく知らないという方も多いでしょう。このページでは、トラックの耐用年数や減価償却についての解説をさせていただきます。

 

また、買い替えのタイミングや時期、長い年数トラックに乗り続けるためのコツについても紹介させていただきますね。

 

 

トラックの耐用年数を知ろう!

トラックにどれだけ長く乗り続けられるかという指標のひとつに「耐用年数」というものがあります。トラックにはさまざまな種類がありますが、耐用年数はどのように決められているのでしょうか。

 

耐用年数とは?

そもそも耐用年数とは、減価償却の処理のために決められた目安期間です。減価償却の計算上、「トラックは時間経過や乗車によって価値が減っていき、この年数が経つと価値がなくなる」と決められているだけですので、耐用年数が過ぎたからといって使えなくなるわけではなりません。

耐用年数はトラックの種類や用途で異なる

耐用年数がなにかわかったところで、実際に定められている耐用年数を見ていきましょう。耐用年数はトラックの種類や用途、新車か中古車かでも異なってきます。まずは新車のトラックの耐用年数を紹介しますね。

 

一般用の場合ですが、ダンプ式の貨物自動車の場合は4年、それ以外の貨物自動車の場合は5年と決められています。一般用ではないトラックの場合、積載量が2トン以下の貨物トラックは3年、総排気量3リットル以上の大型トラックなら5年、そのほかのトラックはすべて4年と耐用年数は決められています。

 

ちなみに、一般用ではないトラックには「運送事業用」「貸自動車業用」「自動車教習所用」などが該当します。

 

中古車の場合の耐用年数の計算方法

トラックの中古車を購入した際は、正確な耐用年数を求めることが難しいため、耐用年数を簡単な計算式でおおまかに求めます。中古トラックの耐用年数は「法定耐用年数×20%=耐用年数」です。法定耐用年数とは新車の耐用年数で定められている年数を指します。

 

気になる減価償却!計算方法を解説

気になる減価償却!計算方法を解説

 

耐用年数が何年かわかったところで、減価償却の計算方法について解説していきます。しかしその前に、減価償却がどのようなものかしっかりわからなければ、理解もしにくいと思われます。計算方法の前に「減価償却とはどのようなものか」解説していきますね。

 

減価償却とは?

減価償却とは、家や設備などの資産の価値が、使用や時間経過によって減っていくという考えかたをいいます。たとえば、車であれば1年使用してもその価値はなくなることはないですよね。しかし、その価値は1年後2年後と年数の経過と共に減少していきます。

 

価値が0になるまでにかかる年数のことを「耐用年数」といいます。経費に計上する際も、購入した1年目に全額計上するのではなく、耐用年数が5年なら、5回にわけて計上します。

 

では、実際の減価償却の計算方法2種類をご紹介していきましょう。

 

【減価償却の計算方法1】定額法

定額法は、毎年同じだけの費用を支払っていくという計算方法です。「減価償却費=購入金額÷耐用年数」となり、とてもシンプルな計算で済ますことができるでしょう。

 

定額法はわかりやすいものの、毎年支払うと考える費用が均等になるため、「買ったばかりのトラックを1年間使う費用と使用5年目のトラックを使う費用が同じ」という、費用と得られるメリットが釣り合わないといった問題も出てきます。

 

【減価償却の計算方法2】定率法

定率法は定額法の問題点を解消した計算方法です。「減価償却費=未焼却残高×定率法の償却率」となり、まだ費用として計上していない金額のことを未償却残高と呼びます。定率法の償却率とは1÷耐用年数×250%です。

 

計算が難しくなってはしまいますが、新車の1年目が計上する費用が一番大きくなります。耐用年数が過ぎて価値が0となった際は、その数分の1ほどの費用計上のみで済むといったように定額法の問題点を上手くカバーしています。

 

耐用年数が過ぎても乗りたい!トラックの寿命を延ばす方法

トラックに限った話ではないのですが、耐用年数が過ぎた途端に店舗や設備やトラックが使えなくなってしまうわけではありません。工夫や心がけ、修理などでトラックの寿命は延ばすことができます。

 

メンテナンスをしっかりおこなう

車検のときだけでなく、常日頃からオイルや冷却液の補充、交換を適切におこなうなど、トラックの整備を怠らなければ劣化を遅らせることが可能です。

 

急ブレーキや急発進はトラックへの負担大!

乗っていないときの整備だけでなく乗車中、運転の仕方にも気をつけることがあります。急ブレーキ、急発進、急な加速などのエンジンに大きく負担をかける行為は、トラックの寿命を縮める行為です。

 

寒い時期はアイドリング状態でエンジンが暖まるまで待ち、エンジンオイルが行きわたってから走り出す、「暖機運転」をすると、エンジンへのダメージを抑えられます。また、ゆっくりと走りながらエンジンを暖めていく「暖機走行」も推奨されています。

 

トラック買い替えの時期はいつがいい?

トラック買い替えの時期はいつがいい?

 

耐用年数や寿命をふまえて、トラックを買い替えるタイミングはいつがよいのでしょうか。トラックを高く買い取ってもらえる方法や、高価買取のポイントと共にお伝えします。

 

耐用年数が長ければ高額で買い取ってもらえる

まだ耐用年数が残っているもののほうが、高額で買い取ってもらえる可能性が高まります。ただし、耐用年数を過ぎたトラックでもフルモデルチェンジがおこなわれていないもので、発売から7年未満のトラックですと、高価買取をしてもらえることも多くなります。

 

フルモデルチェンジがおこなわれるとエンジンやパーツ、安全設計や快適性能などが一新されます。トラックのフルモデルチェンジのスパンが7年~10年といわれているため、発売から7年未満のトラックですと高額評価されやすいのです。

 

トラックをお得に買い替えるには?賢い業者の選び方

トラックを買い替える場合、今まで乗っていたトラックを下取りに出すよりも、買取業者に売却するほうが高値で売れることが多くあります。トラックをお得に買い替えるには、この買取業者の選び方が重要です。

 

トラック買取業者の多くはインターネット上に公式サイトを運営しています。中にはサイト上に査定フォームが用意されているところもあるでしょう。

 

フォームに走行距離や年式を入力していくと、査定結果を出してもらえます。しかし、どのサイトがよいのかもわからず、すべてに打ち込んでいくのは面倒ですよね。

 

そんなときは一括査定サイトを使うことをおすすめします。一括査定サイトですと一度の入力で複数業者に査定依頼ができ、面倒な手間を省くことができます。ひとつの業者に査定を頼むときと違って価格競争がおこるため、買いたたかれる心配もなくなりますよ。

 

トラックを高く売るコツ

これは車やバイクなどすべてに共通するコツですが、洗車や掃除をしてできるだけきれいな状態で査定を受けましょう。外装の洗車や内装の掃除、ワックスがけなどで、できるだけ買取店のスタッフへ与える印象をよくすることで、高額査定を狙えるでしょう。

 

見落としがちなのが車内の臭いです。仕事着などで長年使用してきたトラックには、どうしても独特の臭いや、ドライバーが喫煙者だった場合はヤニの臭いもするでしょう。ドアを開いてしっかり換気し、車両用の消臭剤などで臭いを目立たなくしていきます。

 

洗車や掃除をするのはできるだけ買ったときの状態に近づけるのが目的です。パーツ交換やカスタムをされている場合、取り外した正規品や社外品の箱に保証書、付属品などを揃えておきましょう。保証書や付属品、正規品があることも評価の対象とする買取業者は多いのです。

 

ただし、無理して修理をしたり、修理のために業者を呼んだりする必要はありません。無理をして壊してしまったり、業者へ依頼する費用が修理によって上がる査定額よりも高くなったりしては本末転倒です。無理はせず、できる範囲の整備をして査定を受けましょう。

 

まとめ

これであなたもトラックの耐用年数がわかり、耐用年数を過ぎても使い続けられるポイントもわかったのではないでしょうか。減価償却の計算のために耐用年数は定められており、2つの計算方法とあわせて理解することで、節税効果も見込めます。

 

トラックはフルモデルチェンジをしておらず、7年未満のものが買い替えどきです。減価償却が終わっているか、トラックはまだ乗ることができるか、後何年で発売から7年なのかなど、耐用年数や経営の状態と照らし合わせて、トラックを買い替えましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7646

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

トラック買取査定君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。