トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

トラックのオイル交換|車種で異なる交換時期とオイルの種類を解説

最新情報・レポート

トラックのオイル交換|車種で異なる交換時期とオイルの種類を解説

トラックのオイル交換|車種で異なる交換時期とオイルの種類を解説

トラックを運転する皆さん、オイルの交換は前回いつしましたか?また、どのくらいの期間や距離で交換するべきなのか知っていますか?

乗用車(軽自動車もふくめて)は目安として、距離でいうと15,000km、時期では1年ほどで交換が必要になります。ターボ車にいたっては3,000km、6ヶ月が目安です。

では、皆さんが乗っているトラックはどうでしょう。乗用車とは車体の大きさもエンジンのパワーも違いますね。お仕事などで長距離の運転をされる方もいるでしょう。

どのくらいの頻度でオイル交換をしたらいいのでしょうか?交換をするメリットはあるのか、また、交換をしないとどうなるのでしょうか。今回は、トラックのオイル交換について詳しく説明いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

トラックのオイル交換時期はいつ?

トラックのオイルとは、エンジンオイルを指します。では、このエンジンオイルの交換時期は、だいたいいつごろが目安なのでしょう。

オイル交換はとても重要なメンテナンスです。オイルを定期的にきちんと交換することで、皆さんのトラックを長持ちさせることができます。

以下で紹介する交換の時期や距離は、あくまでも目安です。トラックといっても、大きさはいろいろありますね。車種によっても違う場合がありますので、これらを参考にして整備工場で交換が必要かどうかを確認しましょう。

2tトラックの場合

2tトラックのオイル交換の目安は約15,000kmです。

4tトラックの場合

4tトラックのオイル交換も2tトラックと同様、目安は約15,000kmです。

10tトラックの場合

10tトラックのオイル交換の目安は、約20,000kmとなります。2t・4tトラックの交換時期とは5,000㎞程度の差があります。

トラックのオイルを交換する理由

トラックのオイルを交換する理由

トラックのエンジンオイルは、エンジンをきちんと動かすために重要なものです。なくなることはないため、ついつい交換を怠ってしまいがちですが、人間でたとえるならエンジンオイルは血液で、エンジンは心臓のようなものです。

きちんと動くよう定期的にオイル交換をして、大切なエンジンを守りましよう。

「長距離を走らないから関係ない」ということはありません。短距離走行する車でもエンジンオイルは劣化しますので、必ず交換しましょう。

短距離ではエンジンが完全にあたたまるまでに運転を終えてしまうため、低温で走るとそれだけエンジンオイルへの負担になります。また、アイドリング状態が多い場合もエンジンオイルに負担をかけることになるのです。

オイル交換で得られる効果

1.潤滑作用

オイルによってできた膜が、金属部分に起きる摩擦を減らしてくれます。そのため、エンジンをよりスムーズに動かすことができるのです。

2.冷却作用

エンジンの発する熱を吸収し、発散させて冷やすこともできます。オーバーヒートしないようにエンジン内部の温度を調整しているのです。

3.密封作用

エンジンを構成する部品に、ピストンとシリンダーがあります。そのピストンとシリンダーの隙間をオイルが密封してガス抜けを防ぐことで、圧力を保つことができるのです。

4.清浄作用

エンジンでは摩擦によって、不要な金属カスなどの汚れが発生します。オイルは、エンジンのなかにたまったそれらの汚れを流しとって、エンジン内をきれいにする作用があるのです。

5.防サビ作用

エンジンは大変高温となるため、外の気温との差が大きくなることで水分が発生しやすい環境になります。水分がエンジンのなかに発生するとサビができやすくなり、故障の原因になってしまいます。

オイルを交換することによって、オイルの膜が厚くなり水分や酸素を遮断してサビの発生を防ぐ効果が得られるのです。

オイル交換を怠ると……

オイル交換を怠ると、エンジンの内部に金属カスがたまっていくのです。それを放置すると、金属部分の摩擦が増えてしまいます。また、サビが発生してしまうことにもつながるのです。

こうなるとエンジンの寿命が短くなるだけでなく、オーバーヒートや焼き付きが発生して、エンジンに致命的なダメージを与えてしまいます。

トラックのオイル交換と同時にエレメントも交換しましょう!

エンジンオイルのほかに、オイルが吸った汚れをろ過する「オイルエレメント」というものがあります。このオイルエレメントも、エンジンオイルと同時に交換しましょう。

なぜなら、せっかくエンジンオイルを交換しても古いオイルエレメントのままでは、汚れをろ過できない状態だからです。新しいオイルをすぐに汚すことになってしまうので、オイルエレメントも必ず交換しましょう。

エンジンオイル以外で必要なオイル交換

エンジンオイル以外で必要なオイル交換

トラックに使用されているオイルで交換が必要なものは、エンジンオイルのほかにもあります。それぞれみていきましょう。

ミッションオイル

ミッションオイルは、マニュアルトランスミッション車(MT)にとって重要なオイルです。車は、多くのギアが組み合わさって動いています。ミッションオイルは、この多くのギアをスムーズに動かすために必要なものなのです。

交換しないとギアがスムーズに動かなくなり、最後にはギアが壊れてしまうという事態になります。2年ごと、もしくは20,000kmごとを目安に交換しましょう。ギアの入りがすこしでも悪くなっていたら、ミッションオイルの劣化を疑ってみてください。

デフオイル

カーブを曲がるときには、内輪と外輪のタイヤの回転に差が出ます。この差を調整するのがデフオイルです。タイヤは、車の足にあたる重要な部分です。

交換の目安は約2年または20,000㎞といわれていますが、カーブの多いところや曲がり角をよく曲がる車はもう少し早めに交換するといいでしょう。

ブレーキオイル

ブレーキに関連するオイルで、ブレーキフルードとも呼ばれます。交換時期は約1年ごとです。ブレーキがうまく機能せず車が止まらないとなると非常に危険なため、忘れず交換しましょう。

トラックからエンジンオイルが漏れたら早急な交換を!

エンジンオイルは漏れることがあり、外部漏れと内部漏れというふたつの種類があります。外部漏れとは車をとめたときに、車の下に水たまりのようにオイルが漏れる状態のことです。

エンジンオイルは230度前後の温度で引火してしまいます。その温度以上になっているマフラーなどに付いた場合、一気に火が出ることになるので大変危険です。

また、エンジンオイルの外部漏れの放置は車検に通らないうえ、法律に違反することにもなるので早急に対処しましょう。

内部漏れとは、なんらかの部品が劣化することによって、エンジン内部のシリンダーとリングのあいだからオイルが漏れて、燃焼室のなかに入ってしまうことです。この内部漏れは、年式の古いトラックやバスによく起こるようです。

状態が悪化すると、マフラーから白煙が出るようになります。オイルの減りが気になったら注意してください。エンジンオイル漏れは整備工場で修理することをおすすめします。

修理費用は、車種やオイル漏れのレベルによってさまざまです。軽度のオイル漏れでは数千円ですが、シリンダーの故障によってオイルが漏れている場合などは、エンジンの組みなおしが必要になってきます。

こうなると、修理費用は20万円から100万円ほどまで一気にはね上がってしまうのです。修理に高いお金を支払うよりは、修理の必要なトラックを売って、新しく買い替えるための資金にするのもいいかもしれません。

まとめ

今回は、トラックのオイル交換についてご紹介いたしました。オイルには、エンジンを正常に動かすうえで欠かせない役割があることが、おわかりいただけたでしょうか。

トラックを安全に走らせるためにも、オイル交換は定期的にきちんとしたほうがいいですね。

また、オイルが漏れているのを発見したときは、すぐに修理をしましょう。早めに対処することで、修理費用をおさえられるかもしれません。日ごろから点検することが大事ですね。

年式の古いトラックなどで修理費用が高額になった場合は、売ってしまって、次に買うトラックの資金源にするのもいいかもしれません。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7646

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

トラック買取査定君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ