トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

中古大型トラックを高く売るには買取業者を選ぼう!業者選びのコツも

最新情報・レポート

中古大型トラックを高く売るには買取業者を選ぼう!業者選びのコツも

中古大型トラックを高く売るには買取業者を選ぼう!業者選びのコツも

中古大型トラックをそろそろ売りたいと考えているあなた。売るからにはできるだけ高く買い取ってもらいたいと思っているはずです。何も知らずに売ってしまって損をする……なんてことはなるべくしたくないですよね。

高く買い取ってもらうために、ちょっとしたポイントを知っておけば査定額がうんとあがるかもしれません。今回は、できるだけ高く中古大型トラックを買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。

中古大型トラックを売りたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

中古大型トラックの買取方法は?

中古大型トラックは、どうやって買い取ってもらうのがよいのでしょう。買取方法は、いくつかあります。ぜひ、それぞれのメリットとデメリットを理解して自分の目的にあった方法を選びましょう。

トラック買取の仕方には4種類ある

トラックの買取の方法は、大きく分けて4種類あります。それぞれみていきましょう。

1.オークションへ出品する

オークションは全国でいろいろな団体があり、年間で200万台以上のトラックがオークション会場で取引されているのが現状です。個人ではできませんが業者に委託する形で出品することができます。

希望の販売価格が設定できるため、自分の満足した価格で売りに出すことが可能です。面倒な名義変更なども、業者相手の取り引きなので安心して任せられることもメリットですね。

デメリットは、売れ残る可能性があるということです。そして、個人では参加はできません。古物商許可という許可を持つ中古自動車販売や買取ができる業者しか、オークションには参加できないことになっています。

そのほか、最高入札額が希望販売価格にまでいかなかった場合は、何度も参加が必要となり、そのたびに出品料金が発生しますので注意が必要です。

2.ディーラーに下取りしてもらう

ディーラーで新車を買うなら、そのディーラーで下取りしてもらうのがよいでしょう。手数料はかかりますが、新車の値段から下取りの分を値引きしてもらえるかもしれません。

ただし、そこで新車を購入することがない場合は、査定額が下がることがありますので注意が必要です。

3.個人で売買する

買いたい人がすぐ見つかる場合は、この方法が一番手っ取り早いといえるでしょう。この場合は希望価格も自分で決めることができる上、中間の手数料がかからないので無駄なお金がかかりません。

しかし、自分でなにもかもやらなくてはいけないので手続きが大変なことも多いです。そのほか、個人での売買なのでトラブルが起きても、自分で対処しなければなりません。お金が絡むので、きちんと信用できる相手か確認が必要ですね。

4.買取業者に依頼してみる

買取を専門としているところにおまかせしてみるという方法です。一部、市場にたくさんある車種だと買い取ってもらえない場合もあるようですが、こうした業者は販売ルートをたくさん持っているので、基本的には買い取ってもらえることがほとんどでしょう。

トラック買取には買取業者がオススメ!

トラック買取の業者は数多くあります。面倒でなければいろいろな業者に見積りをとってもらって、一番高く買ってもらえるところに決めるのがよいのではないでしょうか。

買取業者なら、名義変更などもきちんとやってもらえますし、個々でのトラブルが起きることもないので安心です。また、買取業者自身で販売できるところもあるので、手数料などが発生しない場合もあります。

中古大型トラック買取の査定額はどうやって決まるの?

中古大型トラック買取の査定額はどうやって決まるの?

さて買取業者はどこをみて、どうやって査定額を決めているのでしょう。査定額は重要ですよね。売りたいトラックの相場をみなさん知りたいのではないでしょうか。

トラックには買取額の相場がない

普通自動車の場合は、年式と走行距離で大体の価値が決まります。そしてオプションでつけてあるものや車の傷、車の中の状態がどうかで最終的な金額を出します。しかし、トラックの場合は買取額の相場がないのです。

なぜなら、トラックにはダンプ車やクレーン車、箱型で扉が左右に開くウイング車、荷台がフラットで屋根のない平ボディなど、様々な種類や形状がありますので、買取額の相場が決めにくいのです。

また、メンテナンスをしっかりしてあるトラックと、そうでないトラックとの間でも金額には差が出るかもしれませんね。

時期によって買取額が変動する

時期によって需要の高い車種は変動します。相場を知るためにもインターネットの一括査定サイトを利用していろいろな買取業者の査定金額を比べてみましょう。そうすることによって、時期ごとの大体の買取相場を知ることができます。

「何月にこれがいい!」というのはないのですが、少しでも高い買取金額で買い取ってもらいたいという場合は、3月がおすすめです。なぜなら、ディーラーの決算時期であるため、中古トラックの需要が増え、中古トラックの在庫が減るからです。

ただし、3月末までにやり取りを終了しなければ、自動車税を支払わなければならなくなります。自動車税は4月1日時点の所有者に支払いの義務があるからです。3月を1日でも過ぎてしまうと支払わなければならないので、気をつけましょう。

中古大型トラックの査定を受ける前に!あらかじめしておきたいこと

さてここからは、査定を受ける前にこれだけはしておくべきということと、用意しておいたほうがいい書類をお伝えします。少しのことで査定にひびくこともあります。スムーズに査定してもらえるように、準備しておきましょう。

洗車・清掃をおこなっておく

汚い車よりきれいな車のほうが誰だってよいですよね。最低限、洗車はしましょう。査定ということは、車の中までしっかりみられます。ボディだけでなく、足回りや内装もできるだけきれいにしましょう。

査定士がみた第一印象はとても重要だといわれています。査定前にメンテナンスを自分でできるのであれば、故障している場所などを直しておきましょう。

必要書類をそろえておく

メンテナンスまではできなかったとしても、必要な書類はそろえておきましょう。査定のときに揃っているとプラスになる書類があります。

ひとつは、トラック本体の「取扱説明書」。もうひとつは、車検などの内容が書いてある「定期点検整備記録簿」です。そのほか、メーカー保証が残っている場合に限りますが、メーカー保証書があればこれも査定額がアップしますので用意しておきましょう。

高額査定には最も重要!業者から高額査定を受けるには

高額査定には最も重要!業者から高額査定を受けるには

どういった買取業者に査定をしてもらうかで、査定額はかなり変わります。ここからは、高額査定を受ける上で最も大切なことをご紹介します。

トラック買取専門の業者に依頼

必ずトラック買取専門の業者に依頼しましょう。普通自動車も取り扱っている買取業者よりも、みてくれるポイントが多いため、その分査定額がアップします。

海外露出が目的の業者に査定を依頼

日本製のトラックは海外で非常に人気があります。海外露出が目的の業者は、海外に向けて高く販売することで利益を得ています。それだけ、売れるところも確保しているということです。

そのほか、海外では自分でメンテナンスをする人も多いため、事故車や低年式などであっても、使える部品があれば買ってくれる場合があります。よってどんな状態の車でも高く売れる可能性があるのです。

一括査定サービスで複数業者を同時査定

手間はかかるかもしれませんが、ぜひ最低でも3ヵ所くらいのところから見積りをとるとよいでしょう。一括査定サービスを使うのがおすすめです。

1つ1つ査定に出しているとその分労力や時間がとられます。ぜひ一括サービスで同時に多くの買取業者から査定金額を出してもらいましょう。

まとめ

今回は、中古大型トラックを売る方法についてご紹介しました。売ると決めたのであれば、できるだけ高く買ってもらいたいですよね。ちょっとしたことで査定額がアップすることもあるので、修理できるところはなるべくして、洗車をしてきれいな状態で査定に出してみましょう。

査定は、なるべく多くの業者から見積りを出してもらってくださいね。ぜひ愛用してきた自分のトラックをなるべく高い値段で買い取ってもらいましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7646

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

トラック買取査定君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ