トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

トラックの売却先と高く売るコツを解説|必要書類も紹介します

最新情報・レポート

トラックの売却先と高く売るコツを解説|必要書類も紹介します

トラックの売却先と高く売るコツを解説|必要書類も紹介します

愛用のトラックを売却するのならできるだけ高価査定をもらいたいものです。トラックの売却を依頼する場合には、主に3つの業者のいずれかに依頼することになります。その中でも、トラック専門の買取業者では、高価査定を期待することができます。

このコラムでは、主な売却の依頼先3つの特徴と高く売るコツ、売却の際に必要なものから買取業者の選び方についてご紹介しています。少しでも高く売るコツの紹介もしていますので、実践してみてください。

トラックを売却したい……どこに依頼する?

トラックを売却しようとしたときに使われることが多い、3つの業者の特徴についてまとめました。それぞれどんな違いがあるのか、解説していきます。

【1】中古車販売店

中古車販売店でも、トラックの買取をおこなってくれることがあります。しかし、中古車販売店は基本的に乗用車を取り扱っているため、トラックに関する専門的な知識は期待できないことが多いです。

用途によって機能が多様化されているトラックとは違い、乗用車の場合は基本的に移動することを目的としています。それぞれの査定基準が異なるため、しっかり査定してもらうことが難しく、高価買取はのぞめません。

【2】トラックを購入したディーラー

ディーラーに買取してもらうには、新車を購入する場合に下取りというかたちになります。ディーラーは新車を取り扱う業者であるため、中古車の市場相場は詳しくないことがあり、思ったような査定を受けられないおそれがあります。

【3】トラック専門の買取業者

トラック専門の買取業者はトラックに特化していることから、市場相場や専門的な知識を持ち合わせています。国内だけでなく、海外に輸出する場合の需要も把握しているため、満足のいく査定金額を提示してもらえる可能性が高くなります。そのため、トラックの売却なら、トラック専門業者に依頼することがおすすめです。

買取業者に依頼~売却までの流れ

トラック専門の買取業者に依頼する手順を紹介します。業者選びから申し込み方法、売却までの流れを紹介しているので参考にしてみてください。

1.業者を選ぶ
まずは業者選びからはじまります。業者のホームページや、比較サイトのクチコミの比較により、依頼する業者を選びましょう。

2.無料査定を申し込む
業者がきまったら、電話やメール、WEB入力、FAXなどの方法により業者にトラックのスペックを伝えます。申し込み後には折り返しの電話がかかってくるので、査定の日程を決めます。業者によっては、スペックからだいたいの査定金額を教えてもらうこともできますよ。

3.査定当日
出張サービスの場合には、買取業者がご自宅や車庫などにいき、トラックの査定をおこないます。持ち込みの場合には、トラックに乗って業者まで持っていくことになります。査定をおこない、見積書をその場で作成する業者と、後日連絡をくれる業者があります。急ぎの場合には、その場で見積書を書いてくれる業者に依頼することがおすすめです。

4.売却
査定金額に納得したら、売却しましょう。業者によっては、当日現金で支払いをする場合と、振り込みによる支払いの場合があります。売却金の受け取り方をあらかじめ確認しておくと、思い通りの受け取りができるでしょう。

トラックの専門業者に依頼するとしても、実際どの業者に依頼すればよいのか、選ぶのが難しいかもしれません。そんなときは、近くの買取業者を紹介するサービスをおこなっているサイトがあるので、そちらを利用してみましょう。

トラックを少しでも高く売るコツ

トラックを少しでも高く売るコツ

どうせ売るのなら、少しでも高くトラックを売りたいものですよね。今からでも実践できる、高額査定を狙うコツをご紹介しますので参考にしてください。

査定に出すタイミングも大切!

中古トラックの相場は変動が激しい世界です。需要のあるときには、古くて走行距離の多いトラックでも高額査定を狙えることがあります。時期によって値段の上がり下がりがあるため、売却を考え始めたらすぐに査定をしましょう。売却時期を業者に相談すると、よい時期を教えてもらえることもありますよ。

中も外もきれいにしておく

洗車やワックスがけなどをおこなって見た目をきれいに保つのも大切です。見た目がきれいだと、次の購入者もうれしいものです。砂ぼこりで汚れたトラックより、きれいなトラックであるほうが人気は高くなります。少しでもきれいにしておきましょう。

車内も大切です。ホコリっぽかったり、芳香剤のかおりがしたりすると、マイナス査定となってしまうおそれがあります。掃除機をかけたり拭き掃除をしたり、無香料の消臭剤を用いてニオイ消しをおこないましょう。

傷やへこみは修理せずに買取に出す

車体にできた傷やへこみはそのままにしておいて構いません。なぜなら、修理費用分が査定に加算されるとは限らないからです。業者で買い取られた車は海外に輸出されることが多く、海外ではへこみや軽い傷は安く修理することができます。わざわざ日本で直すと修理費が高額となってしまうので、そのまま査定してもらいましょう。

複数の業者から見積りを取る

査定の基準は業者によってさまざまです。査定の基準が業者によって異なるほか、輸出する国によっても需要は変化するため、業者ごとに求めているトラックは違います。そのため、複数の業者から査定してもらうことで、より高く買い取ってくれる業者を見つけることができます。

また、需要のあるトラックである場合には、ほかの業者の見積り金額を引き合いにしてより高く売却することもできます。より高い査定金額にしてもらうためにも、見積りは大切です。弊社では、最大5社の見積りを一度に比較するサービスをおこなっています。よろしければご利用ください。

トラックの売却に必要な書類を準備しよう

トラックの売却をおこなう際に必要な書類をご紹介します。書類がそろってないと売却ができないため、再発行をおこなわなければいけません。必要な書類がそろっているのかひとつひとつ確認しておきましょう。

1.委任状

売却時の手続きを業者にまかせるときに必要な書類です。業者が陸運局で名義変更や抹消登録をおこなうときに必要です。印鑑証明と印鑑をそろえなくてはならないため、実印を捺印してください。

2.車検証

車検証は正式には、自動車検査証といいます。車検証は携帯しなければならないため、保管場所がわからない場合には、グローブボックスの中などに入っていないか確認してください。

車検証を紛失してしまった場合には、再発行が必要となります。運輸支局で再発行手続きをおこないます。手続きを業者に依頼することもできますので、売却時に相談してみてください。

3.印鑑登録証明書

印鑑登録証明書を役場で発行しましょう。1か月以内に発行したものが望ましいです。印鑑登録証明書を得るには、印鑑登録をしなくてはなりません。まずは役場で印鑑登録をおこない、印鑑登録証というカードを発行します。このカードを役場で提示することで、「印鑑登録証明書 交付申込書」を記入すれば印鑑登録証明書を得ることができます。

4.自賠責保険証明書

自賠責保険は「すべての車の所有者に加入が義務付けられている損害保険」です。車検を受ける際に加入していなければならないため、この証明書は車検証と一緒に保管してあることが多いです。

自賠責保険証明書を紛失してしまった場合には、加入している保険会社に問い合わせて再発行手続きをおこなってください。

5.自動車税納税証明書

自動車税の納付を証明するものとなります。もしも未払いがあった場合には、早急に支払いを済ませ自動車税納税証明書を発行してもらいましょう。

自動車税を滞納していると車検を受けられなくなるため、次の所有者が公道で走行できなくなってしまいます。売却しても滞納した分は消えないため、延滞金が発生するほか、財産の差し押さえのおそれがあります。はやめに支払いをおこないましょう。

6.譲渡証明書

譲渡証明書とは、業者にトラックの所有の権利を譲渡することを示した書類です。実印で捺印しましょう。この譲渡証明書は売り手と業者の両方が書かなくてはなりません。記入の際には、車検証に記載されている通りに車種名など必要事項を書き写しましょう。

緑ナンバーのトラックは「事業用自動車等連絡書」も必要

緑色のナンバーは事業用自動車として登録してある車両です。事業用自動車としての登録を解除する必要があるため、書類の「廃止(減車・抹消等)」の項目に記入してください。

売却時に必要なこれらの書類は、自分が所持している書類以外は業者が用意してくれることが多いです。書類についてわからないことがあれば、業者に相談してみましょう。

ローンが残っているトラックも売却できる?

ローンが残っているトラックも売却できる?

ローンが残っているトラックは、名義人が誰かによって売れる場合と売れない場合があります。名義変更をおこなうことで売却が可能となることもあるので、参考にしてください。

自分名義のトラックの場合

所有権が自分や家族であった場合には、売却は可能です。ローンがないときと変わらない手順で売却することができます。しかし、売却したからといって残っているローンがなくなるわけではありません。売却金から一括返済や、これまでのようにローンとして月々支払いをおこなわなければなりません。

名義がローン会社・ディーラーの場合

所有権がローン会社やディーラーである場合には、所有権を変更しなければ売却することができません。所有権の変更には、ローンの返済が必要となります。

所有権の変更をおこなうのには、3つの方法があります。まず1つめにローン残額分を自分で支払って所有権を変更する方法があります。2つめは、売却額がローン残高より高くなる場合に買取業者にローンを負担してもらい、売却額からローン分を引いた金額を受け取るという方法です。

3つめは、融資を受ける方法です。銀行やほかのローン会社からローン残額分を借りて、トラックのローンを返済し、所有権を変更させます。それから新しく借りたところのローン返済をおこなうという方法を用いることもできます。

ローンが残っている場合は必ず買取業者に確認を

ローンが残っているトラックが売却できるかというのは、買取業者によります。ローン残高がまだまだ残っていて、売却額だけではまかなえそうにない場合などは、買取業者に相談してみましょう。

業者によってローンの対処方法や、査定額は変わってきます。ローンに関して考慮してくれる業者を見つけるには、複数の業者にまとめて査定をおこなってもらうサービスなどもあります。それぞれの業者を比較して自分の希望に近い業者に依頼しましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7646

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

トラック買取査定君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ