最新情報・レポート

トラックの歴史

荷物を運ぶときによく利用されるトラックですが、
日本でこのトラックが利用され始めたのはいつ頃か皆さんはご存じですか?

奈良・平安時代に荷物を運搬してくれていたのは、家畜である牛でした。
朝鮮半島より馬車の伝来はあったものの「馬=人の乗り物」として考えられていたため
荷物は牛を利用して運んでいたのです。

そして少しずつ時が流れ、海外からきた自動車を元に
1904年初めて日本で自動車の開発に成功しました。

この頃より、自動車で荷物を運ぶ今のトラックが築かれたのです。
初めは牛を利用した荷物運びが、より長距離を速く運べる自動車のトラックとなり、
今や日本各国で幅広く利用されています。

農業や漁業、林業などの仕事に付いている方からすれば
無くてはならない乗り物となりました。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ