トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

海外で人気の日本製トラック・バス

最新情報・レポート

海外で人気の日本製トラック・バス

トラックやバスの買い取りを行っている業者に、トラックやバスを買い取ってもらった場合、それらの車はどこへ行くのでしょうか。中古車として販売されたり、部品に分けて中古パーツとして販売されるのが一般的ですが、海外に輸出されることもあるんです。日本で使われなくなったトラックやバスは、アジアや中東などの国々へ中古車として輸出されて、海外の道を走り始めます。日本のトラックやバスは丈夫でメンテナンス性に優れているので、整備する環境が整っていないような国ではとても歓迎される存在なのです。現地では日本語は信頼の証として、日本で走っていた姿と変わらない状態で使われていることが少なくありません。皆さんがよく知っている運送会社のトラックや、普段使っている市営バスもそのままの姿で海外の道を走っています。このように、日本の中古トラックやバスは海外の国々で大きな需要があります。日本では走行距離が多いトラックやバスは敬遠されがちですが、海外では問題なく使われますし、壊れている部品があっても現地で修理・交換を受けて走っています。使わなくなったトラックやバスがあるときは、買い取り業者に買い取りを依頼してみてはいかがでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ