トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

ローンが残っていても買取できます

最新情報・レポート

ローンが残っていても買取できます

乗らなくなったトラックを売りたいけど、まだローンが残っているという場合も、トラックの売却は可能です。トラックを売却する方法は、ネットオークションや中古車販売店、トラック買取業者などがありますが、ローンの返済を考えると、売却した際の金額が一括で入金されるトラック買取業者をオススメします。ローンの返済金以上の金額で買取ってもらえれば、ローンの返済だけでなく、新たにトラックを購入するときの費用に当てることができます。ただし、ローンを組んでいる場合トラックの名義が誰なのかによって、売却後の対応が変わってきます。トラックの名義がディーラーの場合は売却後、一括返済が必要になります。なので、名義がディーラーの場合は、売却金額がローンの残金を超えていないと一括返済できないということです。しかし、名義が本人の場合は、一括返済の必要が無いため自由に売却することができます。ここで気になるのが、名義人が本人でない場合、売却してできたお金が自分のもとに来るのかということですが、基本的にトラック買取業者で売却した場合は名義人が他人であっても、全額自分のもとに入金されます。また、売却金額がローン残金を下回っても、トラックを買取ってくれた業者によっては、そこで、新たにローンを組むことができます。このようにトラック買取業者ではローンが残っているトラックの買取だけでなく、ローンの組み換えを行ってくれる場合もあるため、一度いろいろな業者を比較検討されることをオススメします。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ