最新情報・レポート

形状について

トラックと一言で言っても、同じ運搬用のトラックでもその姿は大きく異なります。
例えば平ボディのトラックは、荷台部分が水平になっており、後部と側面の3方が開くようになっているシンプルな構成のトラックです。屋根やホロがありませんが、その分積み込み作業もし易いので運送用として使うだけでなく、大型機材の運搬にも使える汎用性の高さも特徴です。
一方、幌付きのトラックになると、雨に濡れたら困るものなどを運ぶことも出来ます。本格的なウイング車などに比べると安価に取り付けが出来るので、コスト面に有利なトラックです。
箱車は幌付トラックの荷台部分が金属製のパネルなどで箱状の貨物室になっているトラックです。こちらはよく配送業者のトラックなどで使用されています。その分最大積載量が減っている場合もあるようですが、不安定な荷物を床にベルトで固定するなど、いろいろと機能面でプラスされているものも多いようです。
大型のトラックでよく見られるウイング車は、箱車の形状とにていますが、後部と側面が大きく開くのが特徴です。側面の広いスペースからフォークリフトなどを使い荷降ろしが出来るので、大量輸送に適しています。
いずれのトラックも用途に応じて使い分けがされており、需要が高いものもあります。
眠っているトラックは、一度何社かにトラック買取査定をしてもらい、条件の良いところに買い取ってもらうとよいでしょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ