トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

トラッククレーンの査定にもご利用ください

最新情報・レポート

トラッククレーンの査定にもご利用ください

トラッククレーンは、運転席の付いているトラック本体に、通常なら荷台になる部分がクレーンとなっているものです。比較的大型のものから小型のものまで広く使われているので、色々な場所で使われています。
また、トラッククレーンの中でも、通常のトラックの荷台と運転席の間のスペースに小型のクレーンを搭載したものが、積載方トラッククレーンとも呼ばれるタイプのものです。
このタイプは、クレーン操作を車外から行わなければならないのですが、荷台がある分使い勝手がよく、工事資材などを積み込み、クレーンで上げ下ろし出来ることから作業がこれ1台で完結してしまうこともあるようです。
また、近年増えているのがラフテレーンクレーンというタイプのトラッククレーンで、クレーンの操作室と運転席は同じ場所から操作ができるので、運用人員が少なく出来るというのも特徴の1つです。また、このクレーンはタイヤが非常に大きく、不整地での作業が行いやすく、また4輪、もしくはそれ以上の車輪が全て稼働するようになっていて、小回りの効く作業が可能となっているモデルもあるようです。
これらは建設会社のみならず、様々な場所で人気のトラッククレーンなので、もし売却を検討されている時は、条件に合うところを探すようにすると良いでしょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ