トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

パワーゲートの付いている車両は高値で取引が可能です

最新情報・レポート

パワーゲートの付いている車両は高値で取引が可能です

トラックの中にはパワーゲートというものが取り付けられている物があります。パワーゲートとは、トラックの後ろに付いているエレベーターの様な装置です。パワーゲートは登録商標なので、テールゲートリフターやテールリフトと呼ぶのが正式ですが、パワーゲートという名称が広く用いられているので、今回はパワーゲートで統一してお話したいと思います。

パワーゲートがあることで、重たい荷物をトラックから降ろす際の手間を大幅に減らすことが出来ます。普通のトラックでは、荷台から重量物を下ろす際にクレーン、もしくはフォークリフト等が必要ですが、パワーゲートの搭載されている車両であれば、荷台から直接地面やプラットフォームに荷物を積み降ろしすることができるので、荷役作業の効率化が可能です。

一般的な利用例としてはガスボンベを運ぶ車両、宅配便やその他の配送サービスを行う車両にもパワーゲートの搭載されている物が多いようです。

新車にパワーゲートを取り付けるとなるとそれなりの導入費用が必要となりますが、中古車としてはじめからパワーゲートを搭載している車両を購入するのもひとつの方法ということで、パワーゲート搭載車の中古市場での買取査定額は、比較的良い傾向にあるようです。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ