トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

カスタマイズされたトラックの買取査定はプラス?マイナス?

最新情報・レポート

カスタマイズされたトラックの買取査定はプラス?マイナス?

皆様が長年使ってきたトラック。年数ごとにタイヤの交換やエンジンの整備など基本的なメンテナンスは欠かさず行なってこられたと思います。トラックは安全第一が重要で、万が一事故でも起こそうものなら運転している自分の命だけでなく、事故に巻き込んでしまった他の車の方などの命を奪うことにもなりかねません。トラックはまさに商売道具ですから、その整備を欠かさないのが、トラックを運転する人、トラックを運用する企業の責任です。
さて、そんなトラックですが、一般的なアップグレードい以外にも何らかのカスタマイズを行っているものがあると思います。
顕著な例としては1970年台に流行した『デコトラ』と呼ばれるもの。きらびやかな装飾や磨き上げられてピカピカのパーツなどを用いてグレードアップされたトラックは、周りからの視線を集めるものです。近年はそこまで派手なものは減りつつありますが、そこまで派手なグレードアップでなくても、ホイールを純正品から交換したり、エアロパーツを取り付けたりする事はよく行われています。また、内装も少し豪華なものに交換することもあるでしょう。
しかし、愛を込めたグレードアップも、査定結果にはあまりプラスにならない、もしくは純正品でないからとマイナスの評価になってしまう場合があるということは忘れては行けません。
そして、トラックの買取価格を決める一番の要因は、トラック買い取りを専門に行っている業者かどうかというところです。
当サイトではトラックを始めとする大型車の買い取り査定額を複数社に対して一括でお申し込みいただけるサービスを展開中です。大切に乗ってきたトラックをすぐにでも売りたい、高く買い取ってほしいというときには、ぜひ当サイトをご利用ください。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ