トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

特殊用途のトラックの買取について

最新情報・レポート

特殊用途のトラックの買取について

見た目だけで分かる特殊用途のトラックというと、クレーン車やバキュームカーなどが挙げられます。これらは比較的限られた用途に使われるので、ある意味では買取先が限られているともいえますが、新車を購入するよりも安く導入できるということで、人気が高い車種でもあります。
また、見た目はほとんど通常のトラックと変わらないものでも、買取価格が違う場合もあります。特にサスペンションにエアーサスペンションを導入しているトラックは、精密機器輸送のために使うこともあるもので、積み荷に対する衝撃の少なさが特徴で、通常のトラックよりも買取価格が高めになることが期待できます。
また、寒冷地仕様車や、悪路走行用などの通常車の仕様違いについても、その仕様が必要な事業者などにとっては安く買いたいものですから、トラック買取業者側の査定が高くなることも期待できます。
しかし、実際の買取価格は年式や状態、買取業者の担当者ごとに少しずつ違う値段が出てくることがあります。
せっかく売るのであれば、高く買い取ってほしいと考えることが当然ですから、その際はぜひ、当サイトから買取価格の査定をお申し込みいただき、複数社を比較検討した上で売却先を決定されてはいかがでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ