トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

エアサス車の買い取りもお待ちしています

最新情報・レポート

エアサス車の買い取りもお待ちしています

トラックに限らず、自動車には懸架装置というものがついています。一般的には「サスペンション」といった方がわかりやすいものですね。
サスペンションの役割は、自動車が道路を走っている際に受ける振動を吸収して、乗り心地や荷物への衝撃を和らげることにあります。
このサスペンションには、LEAF式やトーションビーム式、独立懸架式など様々な形式があります。

トラックの場合、特に荷物の種類によっては激しい振動を嫌うもの(精密機器など)もありますので、そうした荷物を運ぶトラックでは、通常のサスペンションだと間に合わず、少し変わった形式のサスペンションを搭載している場合があります。

それがエアーサスペンションと呼ばれるサスペンションです。略してエアサスとも呼ばれます。
原理としては、密閉された管の中に空気を入れておいて、その空気がバネ代わりになって車体を支えるというものです。
エアーサスペンション車では、荷物の樹湯量が多くても少なくても、エアーサスペンション側の設定を変更することで揺れを小さく保つことが可能です。

通常のサスペンションに比べると整備費用、初期導入費用が高額になりやすいシステムですので、中古車両においてはお買い得商品となることも多く、人気が高いトラックです。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ