トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

査定に出す前に気をつけたい事

最新情報・レポート

査定に出す前に気をつけたい事

街中で大型トラックを見かける事もあるでしょう。大型トラックは、普通自動車と比べて長い年数を使う事が多く、走行距離も何十万キロとなる事も多々あります。この理由に、大型車両の価格が高い事が影響してきており、普通自動車や軽自動車の様に簡単に買い替える事が難しい事が原因です。経年劣化も含めて、車体のあちこちに傷がついたりへこんでいたりと、傷んでいる事も少なくありません。その痛みがキャビンや荷台のパネルが少しへこんでいたり、傷だらけだったりと言うのであればまだいいですが、エンジンオイルがダダ漏れ状態、排気ガスは、真っ黒と言う状態では、大型車の価値と言う以前に車としての価値がかなり下がってしまいます。幹線道路を走っているトラックを見てみると、保安基準ギリギリのトラックも多く、きちんと整備を受けていない物が多く見られます。この様な状態だと、行く先エンジントラブルや車検等で引っかかる事危険性もありますので、きちんと整備しておく必要があります。整備がきちんとされていない状態で査定に出しても、いくら安いからと言っても手に入れたがる人は少なくなってしまう恐れがあります。「大型車だから」「トラックだから」と頑丈だから大丈夫と言うものではなく、せめて車として正常な状態で走れる様にしてあげた方が査定額も良くなるでしょう。見た目の傷や汚れも気になると思いますが、まずは肝心な「仕事の車として使用する」と言う役割を果たせる状態にしておく事が望ましいです。何かご不明点等がございましたら、トラック買取業者へ相談してみましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ