最新情報・レポート

中古トラック市場の動向

近年、東日本大震災の復興工事の本格化により、中古の大型ダンプカーやクレーン車の販売価格が上昇傾向にあると言われています。さらに2020年に開催される東京オリンピックによる建設需要の拡大も影響し、この傾向はしばらく続くと見て良いでしょう。特に、ダンプローダー等と呼ばれるダンプ機能とセーフティーローダー機能を併せ持ったスライドダンプについては、市場に流通している数自体が少ないので、中古市場に出回ることはなかなか無く、たとえ出たとしてもすぐに売れてしまうというほど人気があります。工事現場などでは小型の重機を使用することが多いですが、スライドダンプのメリットは自走できない小型の重機を搬送しながら空いた荷台に土砂を積むことができ、作業効率の向上につながりますので、非常に使い勝手が良いと言えるでしょう。またアウトリガーと呼ばれる部品を地面に密着させることが可能ですので、積み降ろし作業時の安全性についても定評があります。リモコン操作も可能で、その機能性の高さから需要も多く、トラック買取の際も比較的高値が付くことで知られています。もし現在、スライドダンプを売却しようと検討中であれば、複数の会社に買取査定をしてもらうことをおすすめします。高値で取引される傾向のある車種であればあるほど、条件に合ったところで買い取ってもらうと便利なのではないでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ