トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

マイクロバスも売りましょう

最新情報・レポート

マイクロバスも売りましょう

バスと聞くと公共交通機関のものや観光バスといった大型のものを想像されるかもしれませんが、バスの種類はそれだけではありません。大型バスは乗車定員30名以上のもののことを指し、11~29名までのバスをマイクロバスといいます。
今回はこのバスについて説明したいと思います。
車の区分けは乗員だけでなく重量も分けられる要素になり、マイクロバスの場合は車両の総重量が8トン未満のものです。載せられる量は5トン未満のものをマイクロバスといいます。
必要な免許は2007年の道交法改正以前は大型免許でしたが、この年に新設された中型免許でも乗れるようになりました。ただし種類によっては重量や定員の関係から大型免許でないと乗れないそうです。
主に旅館といった施設利用者や幼稚園、通勤の送迎バスとして使われています。最近ではコミュニティバスとしても利用されているのを見かけますね。
使われている場所から見ると、例えば旅館だとその名前が車体にプリントされていたり、幼稚園の送迎バスですと可愛い動物の絵柄などがプリントされているのを想像するでしょう。
こういったものは売れないのではないかと思われるかもしれませんが、用途が多彩で需要があるのでそんなことはありません。プリントなどはまた塗り直せば良いだけなのですから。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ