トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

トラックと一般車は、走行距離で大きな違いがあります

最新情報・レポート

トラックと一般車は、走行距離で大きな違いがあります

一般車、つまり普段皆さんが乗っている乗用車を売却する時は、走行距離10万kmを境にして大きく評価が変わると言われています。
昔は10万kmが自動車の走行距離の寿命と言われており、技術が進歩して、車の寿命が伸びた今でも、同じ認識があります。

一方で、荷物を長距離輸送したり、短距離の輸送でも一日に長い時間稼働しているトラックは、一般車と異なり、走行距離は10万kmを超えてもなお、評価に差が出てきにくいと言われています。

トラックの買取価格を決めるのは、いかにきちんと整備がされているかということに掛っているので、普段から整備には気を使うことをおすすめします。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ