トラック買取査定君トップページ > 

最新情報・レポート > 

トラック以外にも部品が使われる?

最新情報・レポート

トラック以外にも部品が使われる?

古いトラックや廃車寸前のトラックは、そのまま中古車として販売するのではなく、解体し部品単位で売り出すことも多いです。特にエンジンなどはトラック以外の用途として海外で使われることもあるといいます。例えば観光用の船舶のエンジンや、バスの載せ替え用のエンジンなどです。トラックのエンジンは大半がディーゼルエンジンと言われていますが、簡単で丈夫な構造であるため故障しにくいとのことで、他の乗り物にも転用されることがあるようです。
またキャビンや荷台など、さまざまな部品が再利用のために販売されています。トラックは長期間にわたって使用されることも多いため、中古部品の需要も低くはありません。また排出ガス規制や大都市圏での流入規制による制限がかかった車種は国内で売りにくいという事情もあるため、海外へと積極的に輸出されている事情も関わってきます。これらの車種の部品についても、海外へと輸出・販売されているようです。
古いから、ボロボロだからと諦めず、一度当サイトでトラックの買取査定を出してみてはいかがでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ